「禁欲」は自分を変える最強の習慣 〜300日続けたぼくがそのメリットと継続のコツを紹介します〜

一流アスリートも実践する「禁欲生活」 

「おれはこんなとこで終わりたくない!」と思いつつも空き時間を生産的なことに使うわけでもなく、パチンコや酒でとりあえず辛いことを考えないようにするといった生活を続けていました。

いろいろな自己啓発書や動画で自分を奮い立たせるもののその効果は一過性でなかなか続けることができませんでした。

「自分を変えるきっかけが欲しい・・・・・」

そう思い続けてぼくが行き着いたのが禁欲でした。

禁欲とは言葉どおり、性欲を抑える。つまり消費的な射精をしないということです。

あのモハメド・アリは無敗で世界ヘビー級王座を獲得した時、1年間の禁欲生活を実践していたそうです。

そして20歳という史上最年少で世界ヘビー級王座を獲得したマイクタイソンに至ってはなんと5年の禁欲生活。

「一流ボクサーは試合前にはSEXをしない。だから俺もそうしたんだ。しばらくしないでいるのもいいものだ。その後にした時に最高のエクスタシーを味わえる。」

最高のパフォーマンスを発揮するために日々自分のコンディションに細心の注意を払う一流アスリートたちの言葉であれば、説得力もありますよね?

性欲は想像力の浪費であり、何も生み出さない

「思考は現実化する」で有名なあのナポレオン・ヒルも、著書『悪魔を出し抜け』の中で性に溺れるということについて

 

最悪なのは、それが人間の持つ最大の活力を使い果たし、創造力を無駄に浪費するにもかかわらず、その代償として何も生み出さないこと」

 

と述べています。 

悪魔を出し抜け!

悪魔を出し抜け!

 

一人で行為に走った後に、急に脱力感と疲労感に襲われる経験ありますよね?

あれは体力と時間の浪費以外の何者でもありません。場合によっては1〜2時間で数万円というように、かなりのお金がかかることもあります。

これらの効果をネットで調べると、

  • 彼女ができた
  • 給料が上がった
  • 逆ナンされるようになった
  • 怖いものがなくなった

とか出るわ出るわ。中には「宝くじが当たった!」とかいうのもあって、ぶっちゃけ「本当かよ?」という情報にあふれています。

 「とりあえず試してみれば分かるかな?」ってことで自分ですることをやめてみることにしました。

何回か挫折したこともありましたが、今では1年以上の禁欲生活を継続しています。

もちろん最初は辛い時期もあります。ただ禁欲にはそれ以上の大きなメリットがあります。

今回はぼくが禁欲生活をとおして感じた変化を紹介したいと思います。

 

 

ティッシュが減らない

最初に書くことでもないかもしれませんが、これは本当に実感します

ぼくは一人暮らしをしているのですが、半年前に買った6個セットの箱ティッシュがいまだに残っています

禁欲は財布だけでなく地球にも優しい習慣です

 

収入が上がった

f:id:kenshintan:20170912142518j:plain

これは会社内の部署異動によるものですね。

かつての窓口業務中心の部署から、会社内でも激務といわれるポジションへ異動に。

最初の数か月は、慣れない作業に残業時間が100時間を超えることもありました。

残業代が手取りを超えるほど働いた事もありましたが、今はだいぶ慣れてきたこともあり早く帰れる時は帰れています。

結果的に残業時間が伸びたことで収入が上がったので素直に喜べない部分もありますが、前の所は残業したくても残業代が出にくい所だったし、今のポジションの方がスキルも身に付くのでとてもやりがいを感じています。

 遅い時は夜中の2時まで残業して、次の朝普通に出勤なんて生活が続いたこともありましたが、こんなことができたのも禁欲した体力の浪費を抑えていたからだと思います。

そして今、より高い収入を得るためにプログラミングを学び転職を考えています。

 

2年ぶりに彼女ができた 

f:id:kenshintan:20170912143212j:plain

禁欲生活のメリットとして気になるのがモテるようになるということですよね?

実際ぼくもこのあたりはかなり気になっていました

で実際はどうだったのか?というと、禁欲生活を続けている時に彼女ができました

きっかけは僕の友達が開いた飲み会で、会場には男女合わせて50人くらいいる大規模な集まりでした

その子(後の彼女)はかなり可愛く職業も華やかだったので、会場の男子の注目の的

僕は最初たまたまその子の近くにいたので話すことができました

僕はどちらかというと人見知りなタイプなので、お酒を挟んでいるとはいえあまり初対面の方と盛り上がることは得意ではありません

しかしその時は緊張せずに会話を楽しむことができました

長期の禁欲をしていると、異性の優先順位が変わるんです

禁欲前ぼく「めっちゃ彼女欲しい!ぶっちゃけ誰でもいい!」

禁欲後ぼく「欲しいっちゃほしいけど、別にいなくてもいいや」

ってくらい変わります

あとになって思うとこの力の抜け加減が肝心だったのかなと

ガツガツ行ってるときってあんまり結果がついてこなかったりするくせに、諦めた瞬間に彼女ができることってありますよね?まさにあんな感じ

その子とは終始盛り上がり、結局その飲み会のほとんどを二人でずっと話していました

途中他の男子が話しかけに来たりもしていましたが、終わると僕のところへ戻ってきていました

その後あっちから飲みに誘われて初デート

次に会った時に告白したので会って付き合うまでは1週間でしたね

今までこんなに出会ってから早く付き合った経験がなかったので本当に驚きました

ちなみにそれまで2年間くらい彼女がいなかったしできる気配もなかったので、少なからず効果はあったのかなと思います

 

自身がつき、堂々とする

f:id:kenshintan:20170912143951j:plain

これもよくいわれる効果ですよね

スーパーサイヤ人効果なんて言われたりもしてます

個人差はあると思いますが、僕もこれに似た効果を感じました

初期の頃は性欲を発散できないストレスとあふれ出る活力で人に対して少し攻撃的になりました

この時期はモゴモゴ話す職場の先輩とかにもかなりイラついたりしてましたね

少しずつストレスを勉強や趣味の時間で昇華させられるようになるので、このトゲトゲしい感じは無くなっていきます

その時期を超えると、人への接し方がすごく「ニュートラル」になりました

誰に対しても同じように接するってことです

これは友達にも彼女にも直接言われたので勘違いではなさそうです

「人によって態度を変える人」っていますよね?

ぼくも以前はそうでした

これって結局のところ自分に自信が無いことが原因なんだと思います

自分に自信が無いから自己評価より他者評価に頼ってしまう

オナ禁を続けていると自分に自信が持てるようになるのでいい意味で他人に興味が無くなります

他者の視線が気にならなくなることで、自分のしたいこと、欲しいものにより集中できるようになります

朝に強くなる

f:id:kenshintan:20170912160822j:plain

鮭のオスは射精すると死ぬという話を知っていますか?

本来動物にとって生殖行為とはそれくらい消耗する行為です

体力を消耗すれば、当然休息が必要になります

心当たりがないですか? 寝る前にしてしまって、次の日寝起きが最悪だったことが

禁欲すればそういったことはなくなります

早起きは「キーハビット」と呼ばれる最強の習慣で、早朝は何をするにしてもはかどります

朝の1時間は日中の3時間に匹敵するともいわれています

ぼくはその効果を実感しているので現在は朝型の生活を実践しています

早起きを習慣化するにあたり、もちろん他の面でも生活改善は図りましたが、禁欲がそのきっかけになったのは間違いありません

 

早起きのコツはこちらの記事も参考にしてください

 

kenshin.hatenablog.jp

 

雰囲気が変わった

f:id:kenshintan:20170912160936j:plain

禁欲の効果として有名なのが「イケメンになる」ですよね

実際僕もオナ禁するようになってから周りからそう言われる回数が明らかに増えました。

外見的な特徴で言うとまず顔のむくみがとれます。

抜いた後の翌日って顔の調子違いますよね? 僕は変わりやすかったので次の日学校で友達に気付かれることもあったくらいです。

目ももともと二重だったのですが、むくみがとれたおかげでより目元がスッキリするようになりました。

後は自分ではよく分からないのですが、『雰囲気が変わった』と言われることがありました。自分が決めたことを継続できているという自信がついた結果かもしれません。

人と比べることが無くなった

 

f:id:kenshintan:20170914132734j:plain

オナ禁することによって得られるもので最も大きいのが、自分に対する信頼感の向上です

何回も決意するものの、なにかと言い訳をつけてリタイア・・・ぼくも何度も経験しました

「どうせ誰にも宣言してないし、失うものなんてない!」と思います?

その瞬間一番裏切ってはいけない人を裏切ってます

それはほかでもない「自分」です

途中で挫折した経験は、自分では気付かないうちに確実に自己評価を下げてしまいます

せっかく決意して続けていたのに、それってすごくもったいなくないですか?

人生で最大の敵は自分です

 

体力がついて行動的になる

禁欲しているとまず余計な体力を使わなくなるので行動的になります

禁欲を続けていると、いかに今まで無駄な射精にエネルギーを消費していたか実感するようになります

格闘家の青木真也

 

「禁欲は重要。科学的にも出てるはず。射精はダメージだと認識してます。」

と発言しています

 

 

継続できる力がつく

禁欲生活を続ける一番大きなメリット

それは物事を継続できるようになることだと思います

「成功は成功を呼ぶ」という言葉があります。たかが禁欲、されど禁欲。

禁欲は孤独な戦いです。誰の監視もなく誓いを破っても自分しかそれを知りません。だからこそやり続けることには大きな意味があります。

自分で決めたことを真摯に守ることができればそれは自信になります。

「禁欲を続けられたんだから、早起きも英語の勉強だってなんだってできる!」というように自己肯定感が高まり、新しい習慣化に成功しやすくなります。

私たちの毎日の行動は45%が習慣でできているといわれています。その習慣を変える力が禁欲にはあります。

習慣が変わると人生が変わる。禁欲には人生を変える力があります。

まずは

 

以上の大きなメリットがあることを理解はできても、なかなか続けることができないのが禁欲。

ぼくが続ける際に意識したポイントを紹介します。

アプリを入れて日数をカウント

 ぼくは◯禁タイマーというものを使っています

リセットするとアプリも0から始まっていくという仕組み

このアプリのメリットは自制力が働くこと

人間は損をするのをとても嫌います

どうしても我慢できそうに無い時に一度アプリを開いてみてください

日数が重なれば重なるほど0にする抵抗が強くなり強烈な静止力が働きます

だんだん称号の名前が変わっていくのも面白いです

個人的な経験から言うと禁欲で辛いのは最初の2週間くらい

その後はだんだんと日数を意識することもなくなり、自然と継続できるようになるはずです

 

トリガー(引き金)になるものを避ける

喫煙や飲酒などでもそうですが、辞めたいと思うような習慣には必ずその行動を引き起こすようないわゆるトリガー(引き金)があります

これが何か知ることが大切

ぼくはネットサーフィン、具体的にはまとめサイトの閲覧を辞めるようにしました

今は広告などの画像でも普通に過激なものがありますよね?

自分では「目に入っただけ」のつもりでも、少なからずなんらかの影響は受けてしまいます

まずはそういったものに触れないという意識が継続のコツです

 

まとめ 

f:id:kenshintan:20170914133020j:plain

様々なメリットがある禁欲

実行するにはただ辞めるだけで、お金も時間もかかりません

「現状を変えたいけど何から始めればいいか分からない・・・・・」と悩んでいる方、とりあえずやってみませんか?

必ずポジティブな変化が起きることを保証します