社会人5年目公務員のぼくがプログラマーを目指した理由

安い給料と長い残業時間を耐えるも貯まらない貯金

みんなは今の自分の仕事に満足していますか?

なかなかそう断言できる人は少ないと思うし、そう言える人が本当にうらやましい。

ぼくはずっとやりたくない仕事をして、将来のために貯金を貯めるのが正しいことだと思っていました。でそれくらいならできると。

でも現実は違いました。

これはぼくの金遣いにもよるのですが、5年目にもなるのにまとまった貯金が本当にたまりません。

行きたくない職場でやりたくない仕事を我慢してやる。なのに貯金さえろくに溜まっていかない。こんな仕事をやり続ける必要はあるのだろうか?と思うようになりました。

で転職活動するも、どこも必須条件に経験年数が必要なところばかり。ただの一般事務なんて本当に潰しがきかないんだなーと実感。

もうこれは投資して技術を身につけるしかない!

ってことで、一念発起してプログラミングの勉強を始めることにしました。

独学は以前挫折した経験からできる気が全くしないので、最初からオンラインスクールの受講を検討。

結果的に侍エンジニア塾というスクールに決めました。

受講料は半年トータルで80万円くらい。

今までで一番高い買い物でしたが、割とすんなり決めることができたのは、将来に対する危機感と現状をどうにかして変えたい気持ちがそれくらい強かったからだと思っています。

経験上、何かを身に付けたい時は無料じゃなくお金を投資した方が成長が早いのはもちろん、自分に対するプレッシャーもかけられるのでそうするよう心がけています!

f:id:kenshintan:20181008121215j:plain

慢性的な人不足による高い求人倍率

よく聞くと思いますが、プログラマーの需要は高いままです。

その理由は簡単に言うと、早すぎる技術の発展に人材の供給が追いついていないため。

もちろんこの現状を解決するために国もいろいろと対策を講じています。

小学校で必修化され、今後は大学入試の際のセンター試験にも導入されることを考えると、今後プログラマーの人口は増え続けると思います。

ライバルが多くなる前に今のうちから勉強をして力をつけておけば、そうした時代の変化にも対応することができるはずです。

経済的・時間的な自由を得たい

興味がある人は試しにプログラミングの求人を見てみれば分かると思うけど、時給3,000円から4,000円くらいの案件が結構あるんだよね。

めっちゃ高くない?

だって普通に接客のバイトとかしてたら、時給1,000円切るでしょ。

年収も上がるだろうし、自分の知識とか技術が上がってどんどん効率が高くなれば、時間にも余裕が生まれる。

自分は今のような残業で遅くまで会社にいる生活を、定年まで続ける自信がありません。

体力はもちろん低下していくだろうし、何よりそこまでして働く意味ってなんなの?と思う。

そのために今勉強しておくことで将来の自分に投資しておくことを選びました。

勉強し続けることができる分野

今やっている仕事はよくある一般事務です。なんでワードとエクセルさえそれなりに使えれば、ぶっちゃけ誰でもできるような仕事ばっか。特別なノウハウなんか必要ない、会社の内部ルールを以下に知ってるかということが大事な仕事です。

突発的なこと以外は前と同じようにこなしていればだいたいこなせるような内容の仕事ばかりです。

ぼくは収入よりも「日々自分が成長してる」っていう実感がないと満足できない性格です。

プログラミングは意欲さえあれば、「次はJavaを勉強しよう」とかどこまでも学習することができます。

しかもそれが自分の業務・年収に直結する業界です。

そういったところに魅力を感じました。

まとめ

というわけで今後プログラミングの勉強を並行していきます。

予定として半年後には、新しい土地で新しい仕事をしているつもりです。

進捗状況については随時このブログでも紹介していきますね。