【レビュー】「Apple pencil」は最高のお絵かきアイテム!紙に鉛筆で書いているかのような書き心地!

Apple pencilって知ってますか?その名のとおり、Appleが出している鉛筆だ。

僕がなぜ「Apple pencil」を買ったかというと、デジタルで絵を描いてみたかったからという理由につきる。

最初はwacomなどの液晶タブレットも候補に上がったが、どんな場所にでも持ち運んで描ける気楽さと信頼のAppleということで「ipad」と一緒に購入した。

今は毎日ポーズ集の中から好きなポーズを選んで落書きしている。

このApple Pencil、控えめに言って最高だ。

今回はぼくがApple pencilを使っていて気づいた点を紹介していきたいと思う。

電池持ちがいい

Apple pencilはとにかく電池持ちがいい。今まで毎日のように使っているが、電池切れに陥ったことは数えるほどしかない。

しかももし電池が切れたとしても少し5分ほど充電すればまたすぐに使うことができる。

そのまま書き込むことができる操作性の高さ

ぼくは以前ペンタブというものを買って使っていたことがある。

安い物は1万円以内と、とても安く買うことができる。Apple pencilはそれだけで1万円以上するし、iPadは安いものでも10万円するので最初のハードルが全然違う。

なので最初はぼくもペンタブを買った。しかし結局すぐにApple pencilとiPadproを買ったことにより、使わなくなった。

ぼくがペンタブに馴染めなかった理由。

それは液晶が無いということ。

ペンタブは手元ではなく、接続した画面を見ながら書く必要がある。自分の手とは違う方向を見ながら絵を書かなければならない。

慣れれば使えるらしいが、ぼくはその前に挫折してしまった。

ペンタブ独特の動かし方にどうしても馴染むことができなかった。

 

photoshopとかを使ったことがある人なら分かると思いますが、。

高いお金出して買ったipadの画面に直接あてて書いていくのはちょっと・・・・・

って不安な人には、こういうのもありますよ!

ぼくもこれを貼っていますが、名前のとおり本当に紙の上に書いているような書き心地を実感することができます。

画面にかすみがかかったように少し画質は劣りますが、iPadを使って絵を書くのであれば必須のアイテムだと思います。

同期が簡単

Apple製品を使っていてつくづく思いますが、同期が本当に楽。

買って一番最初に使う時も本体と接続するだけで同期完了でした。 

 

ここまでメリットを紹介してきましたが、やはりいくつかデメリットもあります。

価格が高い

絵を書くための補助的なツールとして考えるとやっぱり高い。絵を書くにはApple pencil単体だけではなく、キャンバスになるiPadも購入しないといけないし。

ただ「買わなければよかった・・・・・」と後悔したことは1回もない。

キャップの管理が難しい

Apple pencilでよく話題に上がるこの問題。実際ぼくも使っていて感じました。

なので今はこのようなカバーを付けてキャップ紛失を防止しています。

 Apple pencilは表面がツルツルしていて滑りやすいのですが、このケースを付けることによって握りやすくなるというのもメリットですね。

まとめ

いろいろ書きましたがApple pencilはとてもいい商品です。特に絵が上手くなりたい人にとっては。

絵が上手くなるにはいい画材を使うことでも、難しいポーズ集を買うことでもなくとにかく毎日絵を書き続けること。

Apple pencilはその毎日の習慣のハードルを下げてくれます。