諦めることは決して逃げることじゃない!本「諦める力〈勝てないのは努力が足りないからじゃない〉」を読んで

最近は以前に比べていろいろなことが習慣化できるようになったこともあって、時間が足りないと良く思うようになりました。

一日の時間は誰でも24時間で平等です。

だから何かを変えたいなら「何かを始める」ことよりも「何かを捨てる」ことの方がずっっと大切。

そんなことを感じていた時に会ったのがこの本でした。

 

諦める力 〈勝てないのは努力が足りないからじゃない〉

諦める力 〈勝てないのは努力が足りないからじゃない〉

 

 筆者はオリンピック出場選手で、400mハードル日本記録保持者の為末大選手。

世界陸上などで見たことはあったのですが走っている所以外は知らなかったので、この本を読んでみて「こんなに論理的な人だったのか・・・・・」と思いました。

もっと情熱的で「努力こそが正義!絶対に夢は叶う!」みたいな人だと思っていたので、ギャップに驚きました。

読み切ったので、感想を書きたいと思います。

「やめる」ことは「逃げる」ことじゃなく、「選ぶ」こと

この本を一言で言うと、

「ダメそうならすぐに諦めて、勝てそうなフィールドで勝負した方がいいよ」ってこと

諦めることがネガティブなイメージに捉えられることが多い日本のスポーツ界の第一線で活躍してきた筆者が言うからこそ、説得力があります。

為末さんは本の中で

今の僕にとって、何かを「やめる」ことは「選ぶ」こと、「決める」ことに近い。もっと若いころは「やめる」ことは「諦める」こと、「逃げる」ことだった

と書いています。

もともと100mの選手だったそうですが才能の限界を感じたことで、適性を感じた400mハードルに移行。

それが現在の実績につながっているそうです。

その時に諦めきれずにズルズルと競争率の高い花形種目の100mで頑張ったり、100mをやりながら保険で400mハードルもやるという中途半端な姿勢で取り組んだりしていたら、今の実績は無かったと思う。

何かの世界でトップになる人たちってこの「諦める力」が本当に優れていると思う。

今でしょ!」の林修さんももともとは数学の予備校講師になろうと思ったそうですが、数学にはすでに超優秀な講師が何人もいたことから「ここで勝つのは難しい」と思って、現代文の講師になったそうです。

手段を諦めることが諦めだと思っている。だが、目的さえ諦めなければ、手段は変えてもいいのではないだろうか。

資格の勉強とか何気ない習慣とかなんでもそうだと思うけど、時間を費やした実感あればあるほどそれを捨てるのは難しくなっていくと思う。

「今までかけた時間が無駄になる」気がするから。

だから「続けること」は「諦めること」より簡単。

でもそれは同時に、諦めることで生み出せた時間、その時間を使ってできたはずの何かを同時に失っていることになるんですよね。

ぼくは前に比べて全くテレビを見なくなりました。その結果1日に3時間くらい自分の時間が作れるようになって、そこでこのブログとか趣味をこなしています。

何かを捨てることから、人生は少しずつ変わって行くのだと思います。

まとめ

例えばサッカーで例えると、自分が望んでいるのは「FWでプレーすること」なのか「プロになることなのか」

前者の場合は適性が無くても自分の好きなFWでプレーできればいいということになるが、後者だとプロになれればポジションはいとわないということになる。

目標のために過程は重視しない。筆者なりの言葉で言うと

手段を諦めることが諦めだと思っている。だが、目的さえ諦めなければ、手段は変えてもいいのではないだろうか。

ということ。

自分の目標をしっかりと理解し、そのために「何を諦めるか」考える視点を持って生きていこう。