SOLUTION

20代サラリーマンの趣味によるブログ

Welcome

オススメの記事はこちら

記憶力を上げる「日記」の効果と継続のコツ

「日記」はすごい

 日記はすごい。

書き続けることで前向きな気持ちになれたり、思い出す作業を繰り返すことで記憶力が上がったりする。

習慣にすればいろいろなメリットが期待できる日記だけど、続けるのが難しい。

やっぱり面倒だから笑

「日記」を続けるコツ

「日記がいいのは分かった!けど続けるのが一番難しいんだよ!」

小学生の時は夏休みの日記を毎年最終日にまとめて書き、色鉛筆を駆使することで先生の目をあざむいていた僕なんで、日記を続ける難しさはよーく知ってます。

以前書いた記事にもあるのですが、何かを習慣化するコツは「できるだけ小さい変化」からってのが大切。

なのでまずは「日記を開いてみる」とかから始めてみてもいいと思う。

人間っていうのはどんな小さいものでも「決断」をするだけで疲れるらしい!

それは例えば「日記を開く」っていう決断でも例外ではない。

このあたりを詳しく知りたい人はこの本を読むといいよ

 

一言に「日記を書く」といってもそのためにはいくつかの段階を踏む必要がある。

  1. 日記を取り出す
  2. 日記を開く
  3. ペンを取り出す
  4. ペンを持つ

と日記を書き始める準備だけでこれだけの作業が必要。片づけも一緒ね。

日記を書くのは一日が終わる寝る前とかが多いと思うんだけど、仕事や学校でいろいろな「決断」をして消耗した状態では、「さーていっちょ書きますか!」とはなりません。

なので机の上などに常に日記を開き、ペンを上に置いた状態にしておく。こうすることで椅子に座った瞬間から、ノータイムで日記を書くことができます。

日記は1日サボると分かりやすい習慣です。

「昨日も書けなかったから今日もいいや。明日から頑張ろー」ってなりやすいので、続けるためには短い文章でもいいので毎日書き続けることが重要になります。

 タブレットとか携帯でも書ける

ちなみにぼくはというと、iPadのアプリを使って書いています。

前までは10年手帳っていうのを使ってたんです。知ってます?

1Pに10年分の同じ日の日記が書けるようになっていて、「はー1年前のこの日はこんなことしてたんだなー」ってなれます。

でもその分辞典みたいに分厚いんで、持ってくるのも面倒くさいし、日付を探すのも面倒くさい。

買った時はそれなりの値段だったんですけど、全然続きませんでした。

iPadだと常に手の届く位置にあるうえ、書き終わったら横に置いとくだけでいい。

どうせすぐ使うから片付ける必要もありません。

取り組むハードルが減ったおかげで続いています。

まとめ 

とりあえずipadはおすすめってこと!

買って損はないよ!