SOLUTION

20代サラリーマンの趣味によるブログ

GoProを買って10ヶ月経ったぼくが、GoProの良い所とそうでない所を紹介してみる

出会いは今年の1月末でした。友達みたいに仲良くしてる兄ちゃんの奥さんとボードに行ったとき、手に持っていたのがそいつでした。

そのコンパクトなフォルム、防水というタフネス、スマホと連動できる利便性など完全に一目ぼれでした。

その後彼女もできたこともあり、デートとかでも使えるっしょ!って感じで買いましたよ。ちなみに値段は家電量販店で5万いかないくらいでした。

買ってから10ヶ月くらいが経過したので、実際使ってみてどうだったのか紹介したいと思います。

良いところ

小さい

まず注目すべきはこの小ささ。持ち運びやすさという面でずば抜けてます。

ぼくは仕事で一眼レフをよく使います。一眼の表現力や使える機能の種類などその魅力は充分理解しているんですが、持ち歩くという点ではやっぱりでかいし重い。
写真を撮らない時は確実に荷物になります。
男の人ってバッグ持たない人多いですよね?ぼくもそうなんで分かるんですけど、基本的に荷物がストレスなんです。

ていうことから考えるとカメラを買う時にぼくがまず重視したのが大きさ。その面でもGoProという選択はベターでした。

構えてない写真がとれる

GoProには「タイムラプス」という機能があります。
これは一定時間ごとに自動的にシャッターを切ってくれる機能で、星空の夜なんかを撮影すつその軌道が撮影できるわけです。

ぼくはこの機能をよく食事の時に使うんです。机の上に置いて放置しておけば、話しながら食べているその場の様子を勝手に何枚も写真に収めてくれます。

携帯とかカメラで一枚の写真を撮る時ってみんなでカメラの方を向いて構えますよね?

GoProのタイムラプス機能を使えば、そうした写真とは少し違う「素を出している」場面を残しておくことができるんです。

 そうでない所

電池の減りが早い

よく言われるんですけど電池の減りが早いですね。特にスマホとWi-Fiで接続して撮影する時に早くなります。

って言っても長時間の動画をまわしたりしなければ、余裕で1日はもちます。
ぼくは念のため純正のモバイルバッテリーをひとつ買い足して対策はしてます。

 

 

小さすぎて失くしそうになる

持ち運ぶのにはかなり楽なんですが、その小ささゆえ何度か失くしそうになったこと
もあります。
安いものではないのでどこかに忘れて置いてこないように気を付けなければなりません。

まとめ

いろいろと書きましたが結論から言うとかなりいい買い物でした。

もし買おうか迷っている人がいるなら勝って損はない商品かと思います。

これからもいろいろな場面でどんどん使っていこうと思います!!