禁欲・少食で人生を充実させたい社会人のブログ

「禁欲・少食で人生を充実させたい社会人のブログ」は、禁欲と食生活を中心に生活改善を図り、自己成長を目指すブログです!

「好きな人?う~ん・・・頑張ってる人かな」

て言う女の子よくいない?いたよね?

学生の時とかあんまよく分からなかったけど社会人として数年生きてきた今なら分かる

 

頑張ってる人、かっこいい

 

輝いてる

ぼく仕事上よく人にアポとってインタビューするんだけど

その時に取材する人って頑張っている人とか、面白いことをやっている人

 

それぞれの分野の道を自分で決断して生きている人たち

そういう人たちってすっごい輝いて見えるんですよ

ぼくが現状に満足していない・不満を抱いているから余計にそう見える部分もあるのかもしれないです

 

でタイトルにも書いたけど「そりゃあモテるよ!」って思う

惰性で流されて毎日を生きている人と、主体的に選択して人生を楽しんでいる人はまず雰囲気が違うもんね

 

こういう人たちはまわりに与える影響力も大きいから、良くも悪くも刺激を与えてくれます

ぼくなんかはだいたい「ソレニクラベテオレハ・・・・・」モードが発動笑

その度に退職を決意してますね

 

好きなことを仕事に

ある人に取材した時

「どんな仕事も辛いのが当たり前。それならば好きなことを仕事にした方がいい」

っていう言葉を聞いてとても響きました

 

ぼくが今やっている仕事は世間一般のイメージでいうと楽な仕事と思われています

かつ世間体もいいので受かった時は親がかなり喜んでいました

むしろ就活を全くしていなかったぼくを心配して勝手に母さんが履歴書を送ったくらいですから笑

 

なんで受かった時は

「まあ楽そうだし家からも近いからいっかー」

って感じでゆとり思考全開でしたね

 

確かに最初の1~2年は残業も少なく休みもしっかりありました

 

ただ最初の異動で一番忙しいところに配属されてからは残業と休日出勤のコンボで、月残業時間が100時間を超えることも珍しくないようになりました

 

楽な仕事はないとよく言われますが、これはそのとおりだと思います

ぼくみたいに一時は楽でもそれがずっと続くことってまれじゃないでしょうか

 

労力と引き換えに金銭を受け取る以上なんらかのストレスは必ずあると思います 

 

だからといっていきなり今の仕事をやめて夢を追って漫画家になれ!

っていうのは現実的じゃないですよね

そんな大きい決断簡単にできない!

無職のストレスは親の死別よりも大きいという研究結果があるくらいだぜ!!

 

なのでまずは 

 「この仕事を続けながら少しでも自分の特技をいかせるようにできないか」

もしくは

「好きなことを仕事にするためにまず何から始めていけばよいか」

と小さな第一歩を踏み出してみることにしました

 

好きなことを仕事にすることは難しいかもしれませんが、仕事の一部を好きなことに置き換えることはそんなに難しいことではないと思うんですよ

 

それがでいたらその範囲を少しずつ大きくしていく

 

「仕事を好きになろうとする」よりも

「仕事を好きなことに置き換えていく」の方が

なんかしっくりくるんですよね

 

そうやって仕事を楽しめるようになって、楽しいから頑張れちゃって、輝いて!

結果的に

 

 

モテたいってこと!!!

 

終わり!笑