努力を続けられる人と続けられない人の差は何?努力を続けて三日坊主を克服する方法

みなさんは達成したい目標ってありますか?

ぼくは昔から目標を立てるのが好きでした。

その中には達成できた目標もありますが、達成できなかった目標もたくさんあります。

立てた目標の数と同じだけ、挫折の可能性があります。

どうすれば目標を途中で投げ出さず、努力し続けることができるんだろう?

 

目標は紙に書き出すと達成できる

1979年にハーバード大学で行われた調査を紹介します。

ある教授が学生たちに自分の目標を持っているかどうか質問したところ、

  • 84%の学生は、目標を持っていない
  • 13%の学生は、目標を持っていたが紙には書いていない
  • 3%の学生は目標を持って、それを紙に書いている

という結果に。目標を持っていない学生が8割以上を占め、持っているのは2割にも至りませんでした。

この調査の面白いところはここで終わるのではなく、回答をした学生たちに10年後連絡をとり、全員の年収を調べたそう。

すると②の人の平均年収は①の人の約2倍だったのです。

さらに③の目標を紙に書いていたグループは、残り97%の人たちの10倍だったそうです。

10倍ってすごいですよね? 

なぜこのような結果になったのか?

紙に書くためには目標が具体的になっていなければなりません

 

「いつか何かしらの仕事で独立して、自由に暮らしたい!」

とか

TOEICでいい点数をそのうちとる!!」

っていうような目標は漠然としています。

 

日々の行動は目標というゴールから逆算したステップです。そのゴールが明確に決まっていないにもかかわらず、走り続けることはできません。

 

 毎日寝る前と起きた後に3回ずつ目標を紙に書くっていう方法も効果的だそうです。

ぼくもやってたんですけど、なかなか習慣化できませんでした。

なんでも深層心理に刻み込めるんだとか。

毎日腕立て1回でいい

目標を達成するために必要なこと。それはひたすら地道に努力を続けることです。

なら行動を習慣化するにはどうすればいいんですか?

って思いますよね?

人間の脳は基本的に大きな変化を嫌います。

決めた事が三日坊主に終わるのは意思が弱いからではなく、人間がもともとそういう風にできているからなんです。

だからといって「結局変われねーじゃん」って諦める必要はありません。

ちゃんと新しい行動を習慣化できる方法がひとつだけあります。

それは少しずつ変化することです。

脳は大きな変化を嫌いますが、小さな変化は受け入れることができる。

もっと細かく言うと、何度も小さな行動を繰り返すことで脳に新たな神経回路をつくり、その回路を少しずつ強化していく。

初めて自転車に乗る時は最初に補助輪を付けますよね?慣れてくると片側を外して補助輪をひとつにして、それでも慣れてくるともうひとつの補助輪も外して、最終的には補助輪が無くても乗れるようになります。

習慣もそれと同じ様なもので、要は少しずつ慣らしていくってことです。

習慣化に必要な日数が21日間というのは聞いたことがあると思います。

しかしぼくが読んだこの本によると、行動を習慣化するのに必要な日数は平均で66日間だそうです。けっこうかかるな・・・

 

小さな習慣

小さな習慣

 

66日間を「気合いで!」のような少年マンガ的な精神論で乗り切ろうとすると失敗しがち。

だから、絶対に失敗しないレベルの目標を設定することが大切。

この本の著者が立てた目標は「毎日腕立て伏せを1回する」ということ。

「毎日運動を1時間ずつする!」とか

「1日3食から1食にする!」とか決意したけど続かなかったことない?

毎日腕立て300回なら続かなそうだけど、1回ならできそうな気がしない?

まぁ一回したらだいたい「もうちょうやるか!」ってなるのがこの目標設定のミソ。え、なるよね?ならない?まーならない日もあるよな!うん。

目標を立て実行したところ、うまく運動を習慣化できたそうです。

アプリ「way of life」を使う

レコーディング・ダイエットというダイエット法が流行りましたよね?

その日食べたものを書いていくだけで、日頃の食事を意識するようになりダイエットにつながるという方法です。

習慣化するためには記録することが非常に有効です。

ただ毎回ノートを開いてその都度やったことを記録していくのは、なかなか骨が折れます。

そこで習慣化にとても便利なアプリがあるので紹介します。

それがこれ。

Way of Life!

Way of Life!

Way of Life ApS無料posted withアプリーチ

 
このアプリのいいところはタップひとつでその日やったかどうかが記録できること。
また習慣を追加する時に自分にとって「良い」「悪い」にカテゴライズすることができるので、良い習慣を続けるだけでなく悪い習慣をやめるためにもとても有効です。

習慣は簡単に消えない

習慣化に成功しても一日失敗したらすべてムダなっちゃうかも・・・・

って心配はいりません。習慣は身に着けるのが難しいかわりに、一度習慣化すれば簡単に消えることはありません。

ぼくも毎日のルーティーンを出勤前にしていますが、休日前の金曜日や土曜日は遅くまで飲むことがあるため、そのサイクルが崩れてしまうことがあります。

しかし休みが空けてまた平日になれば同じサイクルを抵抗なく続けることができています。

 

朝の時間を活用するべし

朝にやればいいってよく言われますよね?

この本によると意志力っていうのは一日の中で少しずつ消耗していくものらしいです。

 

反対に朝は一日のスタートなので意志力がしっかり充電されています。

あと夜は誘惑が多いっていうのもあります。面白いテレビ番組とかってだいたい夜だし、寝る時間って自分で調整できるので夜更かししようと思えばどれだけでもできますしね。

その分朝は出勤とか通学という明確なデッドラインがあります。なので早起きして自然と効率的に時間を使おうとする意識が芽生えます。

 

習慣化させやすいのは圧倒的に朝だと思います。

 

時間を目標化してはいけない

例えば先日あったことなんですが「週に30時間勉強してほしい」と言われました。

30時間ってけっこう多いですよ。平日3時間やって休日も7〜8時間やって到達できる数字。

平日に3時間とれればいいですけど、社会人の場合残業とか飲み会とかがあるので、できない日も出てきます。

そうなってくるとどうなるか。めっちゃストレスを感じます。

なので時間目標はダメなんです。

受験生でも多いですよね。「平日は5時間、休日は8時間やる!」って決意する子。

これの危険な所は達成できてなくても時間をこなしたことで、ちゃんと勉強してしまった気になってしまうところ。

本来プラスになるための目標設定が自分を追い込むことになるから。

時間目標も結局は到達レベルの視点を変えた目安でしかありません。

なので具体的には「1日3時間やる!」ことではなく、「1日でやる量はここまで!」という、時間ではなくノルマに落とし込んだ目標を立てることが大事。

まとめ

目標を達成するための努力を続けるには

人は大きな変化を嫌う生き物だと知る