禁欲・少食で人生を充実させたい社会人のブログ

「禁欲・少食で人生を充実させたい社会人のブログ」は、禁欲と食生活を中心に生活改善を図り、自己成長を目指すブログです!

立てた目標を確実に達成する方法

ぼくは昔から目標を立てるのが好きでした。小学生の時はカレンダーの裏に「プロサッカー選手になる!」って目標を書いて部屋に貼っていました。

達成した目標もありますが、達成できなかった目標もたくさんあります。

立てた目標の数と同じだけ、挫折の可能性があります。

どうすれば目標を途中で投げ出さずにやりきり、達成することができるんだろう?っていう疑問の答えはほとんどの人が知りたいと思います。

 

目標は紙に書き出せ!

1979年に、ハーバード大学で興味深い調査が行われました。ある教授が学生たちに自分の目標を持っているかどうか質問したのです

すると

  • 84%の学生は、目標を持っていない
  • 13%の学生は、目標を持っていたが紙には書いていない
  • 3%の学生は目標を持って、それを紙に書いている

という結果になります。目標を持っていない学生が8割以上を占め、持っているのは2割にも満たないことが分かります。

この調査はここで終わりません。回答をした学生たちに10年後連絡をとり全員の年収を調べると、②の人の平均年収は①の人の約2倍だったのです。

さらに③の目標を紙に書いていたグループは、残り97%の人たちの10倍だったそうです。

 

「10倍・・・・・だと・・・・・」

 

10倍ってすごいですよね? 

なぜこのような結果になるかというと、紙に書くためには目標が具体的になっていなければなりません

 

「いつかなんかの仕事で独立して、自由に暮らしていくのが目標!!」

とか

TOEICでいい点数をそのうちにとる!!」

って目標は漠然としています。

 

日々の行動は目標というゴールから逆算したステップです。そのゴールが決まっていないにもかかわらず、走り続けることはできません。

 

 毎日寝る前と起きた後に3回ずつ目標を紙に書くっていう方法も効果的だそうです。

なんでも深層心理に刻み込めるんだとか。

毎日目にすることで目標が次第に習慣化されていきます。

新年に目標を立てるもなぜ達成できない人が多いのか?

それは立てた目標を忘れてしまうからです。

 

腕立て1回から始めよう

では行動を習慣化するにはどうすればよいのでしょう。

私たちの脳は基本的に変化することを嫌います。決めた事が三日坊主に終わるのは意思が弱いからではなく、人間がもともとそういう風にできているからなのです。

「なら結局変われねーじゃん」って諦めないでください。ちゃんと新しい行動を習慣化できる方法があります。

それは少しずつ変化することです。

脳は大きな変化を嫌いますが、小さな変化は受け入れることができます。

何度も小さな行動を繰り返すことで脳に新たな神経回路をつくり、その回路を少しずつ強化していくのです。

 

習慣化に必要な日数が21日間というのは聞いたことがあると思います。

しかしぼくが読んだこの本によると、行動を習慣化するのに必要な日数は平均で66日間だそうです。

 

小さな習慣

小さな習慣

 

 

 3週間って聞くとなんとなくできそうな気がしますけど、66日間って聞くと

「漫画」って人が多いのではないでしょうか?

 

66日間を精神論で乗り切ろうとすると、かなりの確率で失敗します。

大切なのは絶対に失敗しないレベルの目標を設定すること。この本の著者も健康な体を手に入れるために「毎日腕立て伏せを1回する」という目標を立て実行したところ、うまく運動を習慣化できたそうです。

 

習慣は簡単に消えない

習慣化に成功しても一日失敗したらすべてムダなっちゃうかも・・・・

って心配はいりません。習慣は身に着けるのが難しいかわりに、一度習慣化すれば簡単に消えることはありません。

ぼくも毎日のルーティーンを出勤前にしていますが、休日前の金曜日や土曜日は遅くまで飲むことがあるため、そのサイクルが崩れてしまうことがあります。

しかし休みが空けてまた平日になれば同じサイクルを抵抗なく続けることができています。

 

朝の時間を活用するべし

勉強も仕事も朝にやればいいってよく言われますよね?

この本によると意志力っていうのは一日の中で少しずつ消耗していくものらしいです。

 

反対に朝は一日のスタートなので意志力がしっかり充電されています。

あと夜は誘惑が多いっていうのもあります。面白いテレビ番組とかってだいたい夜だし、寝る時間って自分で調整できるので夜更かししようと思えばどれだけでもできますしね。

その分朝は出勤とか通学という明確なデッドラインがあります。なので早起きして自然と効率的に時間を使おうとする意識が芽生えます。

 

習慣化させやすいのは圧倒的に朝だと思います。