禁欲・少食で人生を充実させたい社会人のブログ

「禁欲・少食で人生を充実させたい社会人のブログ」は、禁欲と食生活を中心に生活改善を図り、自己成長を目指すブログです!

書評『世界一プロ・ゲーマーの「仕事術」勝ち続ける意志力』

みなさんは人がゲームしているのを見て感動したことはありますか?

『そんなのあるわけねーだろ』って人ちょっとこの動画を見てみてください

 


背水の逆転劇

『よくわからんけどなんかとてつもなくスゴイことしてっるてのはわかる!!』

ってなりませんでした?笑

状況を説明すると、これは2004年の夏にアメリカで開催されたストリートファイターの世界大会の一戦

後に『背水の逆転劇』『37秒の奇跡』と呼ばれる伝説の一戦です

 

ケンの体力は残り1ドット

一発でも攻撃をくらうことはもちろん、単に相手の必殺技をガードで防ぐだけでも体力を削られて終了の絶対的不利の状況です

 

相手が必殺技を繰り出し『削り』による勝利を狙ってきたとき、逆にそれらをすべて完璧なタイミングぼボタン操作で防ぐ特殊なガード『ブロッキング』で防ぎ、必殺技で反撃し大逆転します

 

この技術がどれだけ神業かというのは、動画の盛り上がりを見れば分かると思います

 

この対戦に勝ったケンをプレーしてるのは梅原大悟さんという日本人のプロゲーマーです

この本には、梅原さんが現在の地位を築き上げるために歩んできた経緯が記されています

海外と違って日本は、ゲームというコンテンツへの理解や注目度が低いです

そのことで常に悩んできた著者の葛藤や生き方がゲームのみならず、ビジネスなどにも学ぶべきところが非常に多いと感じました

 

『勝ち続ける』ということ 

この本で終始一貫して強調されているのは

『勝ち続けること』

単に『勝つこと』ではありません

 

勝ち続けるためには、自分の得意なスタイルやひとつのやり方にこだわらず常に新しく変化していくことが重要と梅原さんはいいます

 

自分の得意なものこそ捨てて、どうやって勝つのかということを追求すれば、おのずとその人の勝ち方の幅は広がっていきます

 

人は様々な経験を積みながら大人になっていきます

多くの失敗から、どんどん自分を守るための知恵や術を身に着けていきます

なのでなにかを捨て、環境や習慣を変える局面に陥った時、そうすることで自分に利益があるのかという先のことまで考えてしまうことがあります

『たとえ失敗してもまたやり直せばいい』と頭では分かっているのですが

結果的に前より状況が悪くなるかもしれないという可能性が足踏みさせます

 

成功の反対は何もしないこと

ぼくは以前に比べていろいろな習慣を生活で実践しています

朝の早起きから英語学習、絵の練習や瞑想など・・・・・

 

継続してみて思うのは、仕事以外の時間が充実することにより仕事と適度な距離感を保てるようになり、ストレスが少なくなりました

 

梅原さんは変化するためのコツとして、「そうすることでよくなるかどうかまで考えない」ということが大切だといっています

 

確かに先の利益を考えてしまうと動けなくなるときがあります

 

成功の反対は何もしないこと

 

先の心配はおいといて、まずは行動してみることが大切だということですね

 

まとめ

常に変化することこそが正しい努力であり、成功の道への第一歩になります

変わることと前へ進むことは別のものではないことが、この本を読めば分かります

とにかくまずは、記事冒頭にあった動画をぜひ見てみてください!

会場の盛り上がりとバトルの展開はまさにスポーツです

 

 

勝ち続ける意志力 (小学館101新書)

勝ち続ける意志力 (小学館101新書)