本を読むから時間が増えるんです

「本を読む時間がない」と言う人

ぼくは昔から本が好きで

本は図書館よりも買う派だから、けっこう出費もかさみます

 

そんな話を人にするとけっこう驚かれることが多い。 

「えらいよねー」とか「真面目だねー」 とか。

「本が好きな人がうらやましい。自分も読めるようになりたい」って言われることもある。

逆にそういう人たちになんで本を読まないか?って聞くと「時間がないから」って答える人がいる。

でそういう人たちの一日の時間の使い方を聞いてみると

「ドラマも見ないといけないし、SNSもチェックしなくちゃいけないから」って。

いやそれじゃん!

本を読みたいけど時間が無い人って、決して本当に時間が無いわけじゃないと思うんです。

本当に忙しすぎて仕事以外の時間は睡眠か食事だけって人とかは別ですからね。

 

だからそういう人たちは正確に言うと

「本を読む時間がない」

んじゃなくて

「自由時間はあるけど、読書に使う時間はない」

 

ってのが正解なんじゃないかと思うんです

 

本を読むから時間ができる

ぼくは読書こそ最も効率的な自己投資だと思っています。

理由はその費用対効果の高さ。

本っていうのは著者の抱負な経験に基づいた知識やエッセンスがたくさん盛り込まれてます。

今までの人生で見つけた「これは知っていたら得だ!」ってことを書くことで、それを知りたい人からお金をもらう。

物事って独学でやるより人に教えてもらった方が絶対上達するの早いですよね。

プログラミングの勉強なんかでも1日中悩んで原因が分からないエラーも、知っている人に見てもらったら10分で原因分かったりしますからね。 

 

本は言ってみればその指導者になってくれるんです。 

すでに成功した人が持つ知恵をかり、彼らと同じ行動・思考パターンをとれば作業が効率化され、目標との距離が縮まっていくのは必然。

ドラマや娯楽をちょっとだけ我慢してできた時間を読書に割く。

 

そうすれば、長期的な視点で見た時にそれが時間の節約になっていることに気が付くはずです

 

社会人になって意外とまわりが本を読んでいないことに驚きました

 

逆に考えれば読書するだけでその他大勢から一歩リードすることができるのです

 

仕事も私生活も人間関係も・・・・・

この世にはぼくたちをとりまく様々な問題があります

 

壁にぶち当たった時に

独学で乗り越えるよりも、先に成功者のやり方を知って

それを真似た法が遙かに早く先に行けるはずです

きっかけは良書との出会い

読書の習慣を身につける方法はこれだけだと思う。

読書から学びを得たという実感。

そのためには自分にとっての良書との出会いが必要不可欠だよね。

ってことで今まで読んできた中で読みやすくて、

つまりみんな

 

本を読もう!!!