禁欲・少食で人生を充実させたい社会人のブログ

「禁欲・少食で人生を充実させたい社会人のブログ」は、禁欲と食生活を中心に生活改善を図り、自己成長を目指すブログです!

一日一食は昼食が最適です!

以前の記事にも書きましたがぼくは現在基本的に1日1食の生活をしています。

「もうやってるよ!!」

って人から

「やりたいけどいつ食べればいいのかわかんねーよ!!!」

って怒ってる人まで、いろいろいると思います笑

今日はこの「いつ食べるべきなのか?」という問題について書きたいと思います。

1食は昼食にする

おそらくこの記事を読んでくれている人は、1日1食の生活に興味がある方ですよね。

少し調べると感じると思いますが、1日1食を続けている人たちは夜に食べる人が多いと思います。

有名な南雲先生もそうですしね。

なので以前まではぼくも夜に食事をとっていました。

それをふと昼食に変えるようにしたら、メリットがありまくりだったのでみなさんにも紹介したいと思います。

1.早起きになる

f:id:kenshintan:20170922114920j:plain

はい、きました。ぼくが思うに最大のメリットってこれだと思います。

もう尋常じゃないくらい早起き。

以前夜に食べていたころは5時に起きていました。

それでも十分早いかもしれませんが、「もう30分早く起きれたらなー」って思ってました。

それで試しに一食を昼食に移行してみるとあっさり成功。

目標の4時半どころか3時半に起きれるようになりました。

今なんか目覚ましなる前に目覚めますからね笑

目覚ましで起こされるんじゃなくて自分で起きるだけでこんなに寝起きが違うのかと驚きます!

その分寝るのも22時~23時くらいと早いので、完全におじいちゃんみたいな生活です。まだ20代ですけど笑

朝は1日の中で最も生産性が高い時間帯ってのはよく言われますよね。

朝を有効に活用できるかできないかの習慣は、その後の人生において大きな意味を持ってくるはずです。

2.やせる

f:id:kenshintan:20170922114910j:plain

ぼくは毎日体重をはからないので具体的な数字で示すことはできなくて申し訳ありませんが

18時以降何も食べないっていうダイエットがあるくらいですから、夜抜きの生活は確実にやせます。

実際周りにも「やせたね」と言われることが多いです。

3.時間が増える

 

f:id:kenshintan:20170922114902j:plain

ぼくは実家暮らしなので夜ごはんを食べるときは家族も一緒にってことが多いです。

会話したりテレビを見ながら1時間~2時間くらい。

家族団らんの時間ということで、今までなんの違和感もありませんでした。

けど夜を抜くようになってから、自分の時間がすごい増えました。

会社に雇われるサラリーマンである以上、1日の定時時間内は必ず会社に縛られます。

だからこそそれ以外の自分のことに使える時間ってかなり貴重ですよね。

リフレッシュしたい人は娯楽に使うこともできるし、上昇志向の強い人は資格の勉強などにも充てることができます。

現状を変えたいと思ったらまずこの『自分の時間』を増やさなければなりません。

そうした意味でも夜ご飯を食べないことはメリットがあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

現代は飽食の時代といわれるくらい食べ物が手軽に手に入ります。

だからこそ自分の食生活に気を使うことは人生を充実させるうえで必要不可欠なんです。

このやり方は人によって合う・合わないがあると思いますので、ひとつの参考として捉えていただければ幸いです。

それでは!