SOLUTION

20代サラリーマンの趣味によるブログ

「仕事が楽しい」と話す人がいたらその人はきっと「人に羨ましがられたい人」だと思う

「仕事が楽しい!」と話す人

f:id:kenshintan:20170912142115j:plain

みなさんの周りにもいません?

飲み会などの席で仕事が楽しいアピールしてくる人

ぼくは仕事が楽しいと思えないので、こういう話題をされると

「ハイハイ、イツモノヤツネ~」って心の中でため息が出ます笑

そういった人に会う度、この人たちは本当に仕事が楽しいと思っているのかいつも疑問に思っていました。

仕事が楽しいのであればそれはとても素晴らしいことです。

一日の大半を占める時間が「楽しい」と思えるなんてすごい幸せですよね。

仕事が苦しくて心を病み遂には自殺してしまう人もいる現代、仕事そのものが楽しいと思えるのはとても幸せなことです。

ではなぜそれをいちいち人に言う必要があるのでしょうか。

ねぇ、本当に楽しいの?

「やりがいのある仕事」という幻想という本の中で著者の森博嗣さんによる捉え方が非常に印象的だったので紹介します。

 

「やりがいのある仕事」という幻想 (朝日新書)
 

 

 以下引用です。

『どうせやらなければならないことなら、気持ちよくやりたいと考えるのは人情である。だから、できるだけそれを好きになって、楽しくこなしたい。そういう気持ちを誰もが持つはずだから、「仕事が楽しい」ことがすなわち「良い状態」で、また端から見ると「羨ましい状況」として捉えられる。人に羨ましがられたい人ほど、「仕事が楽しい」ことを自慢するだろう。』

 

人にうらやましがられたい気持ちの裏返し

森さんのいうように、「仕事が楽しい!」とアピールする人たちの心の奥底に「人に羨ましがられたい」という気持ちが潜んでいるならば、

人生の基準が自分の判断ではなく、他人の価値観や意見に委ねられています。

もしそうであるなら、その人は決して幸せな状況ではありませんよね。

そもそも純粋に楽しいものなら、見返りとしての給料もいらないのではないでしょうか。

という疑問を投げかけると雰囲気が悪くなりますのでおすすめはしませんが笑

 

今後もし仕事楽しいアピールをしてくる人に出会った時は、人に羨ましがられたい気持ちの裏返しかもしれないと思って接してみたいと思います。